当社の会社情報・商品情報を使用した『悪質詐欺サイト』にご注意ください。

毛糸の通販を行う「株式会社ポプラ」は小物やセーターを作るのに最適なダルマやパピーの商品も販売~編み物の練習におすすめのアクリルたわし~

収納場所が限られているという方でも安心、ここではコートやニットを上手にしまうポイントをまとめてみました。コート以外にも、編み物キットで作った手作りのセーターなどもスマートに収納してみましょう。

かさばるニットを上手く収納するコツ

かさばるニットを上手く収納するコツ

編み物キットなどで作った編み物アイテムにも言えることなのですが、ニットの基本的な収納方法は、「たたむ」か「かける」かのどちらかになります。

たたんで収納する場合、たたみ方にもコツがあります。まず、ニットやセーターを背中側を上にして広げます。ニットの場合はこの時に軽く伸ばして編み目を整えておくと良いでしょう。次にニットの端をタンスや衣装ケースの幅に合わせて折りたたみます。最後に半分の位置で四角形になるようにたためば完成です。

また、ニットコートなどの重みのあるニット製品は、ハンガーにかけるのがおすすめです。しかし、ジャケットやシャツと同じように、ただかけるだけだと型崩れしてしまいます。

ニットをハンガーにかける時は、まず畳む時と同じように袖と見頃を折り畳んだあと、半折りの状態でハンガーにかけます。こうすることで伸びや型崩れを防ぐことができ、畳むよりもスペースを取らずに収納できます。

冬服の見直しや断捨離で、スペースのゆとりを確保

冬服の見直しや断捨離で、スペースのゆとりを確保

セーターやダウンコートをなるべくコンパクトに収納するということも大切ですが、冬服の見極めを行うこともポイントです。

今の自分に必要ない洋服を手放すことでクローゼット内にすき間ができ、その他のアイテムもゆとりをもって収納できます。ニットなどの冬服の断捨離サインは、毛玉が目立っていたり、毛羽立ちがひどかったりするものや型崩れがあるものです。

これまで何度も履いて古くなってきた厚手のタイツなどは、意外と場所を取るので思い切って処分するのもおすすめです。その他のウィンターアイテムも古くなってきた、ファッションの好みが変わった、もう使わないということを基準に、断捨離をしていくとすっきりと整理することができます。

冬に大活躍してくれる厚手のニットやコートは、オフシーズンはできるだけ邪魔にならないように保管したいかと思います。こちらでご紹介した収納方法で、ニットなどのウィンターアイテムをキレイに収納してみてください。

毛糸のプロショップ ポプラ本店では、ウィンターアイテムを作ることのできる編み物キットを通販で提供しています。毛糸、編み針、とじ針、手芸資材、手芸用品などを多く揃えていますので、洋服をはじめバッグなど様々なアイテムを作ることができます。

編み物キットを購入するなら毛糸のプロショップ ポプラ本店へ

会社名 株式会社ポプラ
所在地 〒167-0021 東京都杉並区井草2丁目28≠R